ジャズルスSNS無料キャンペーン!

本日より!
キャンペーン第二弾!「ジャズルスSNS無料キャンペーン」
・自身のフェイスブック、ツイッター、インスタグラム、LINE等、お子様のジャズルス学習の様子を定期的に(週一度くらい)SNSにアップ。
・自信の「ジャズルス 公式フェイスブック」への「いいね!」を押して「お友達にシェア」
img_7817
*更にご自身のブログやウェブサイト等でジャズルスをご紹介いただければ、そのインパクトによって報酬を考慮させていただきます。
「 SNS無料キャンペーン」に参加して頂いた場合は、引き続きID/PWを無料でご利用いただけます。
参加ご希望の際は、各種SNSからジャズルスSNS宛てに「SNSキャンペーン」と明記の上「メールアドレス」をダイレクトメッセージにお送りください。
又は その旨をinfo@jazzles.jpまでお知らせください。
今後もジャズルス公式フェイスブック並びにホームページでは教材利用ノウハウを紹介して、
お子様が楽しく英語力を身につける情報を発信していきます!
初めてお申し込みの方はコチラ!
App StoreまたはGoogle Play Storeから”Jazzles”をインストールの上、以下の”お申し込みフォーム”にご記入ください。ID(username)とPW(パスワード)を発行いたします。
1週間のトライアル期間ののち、SNS無料キャンペーンで継続希望の方は、その旨をinfo@jazzles.jpまでお知らせください。

赤ちゃんの眠り研究所

ジャズルスの小向です!

昨日はワークショップに参加させていただき、NPO法人「あかちゃんの眠り研究所」の清水悦子代表理事のお話を聞きました。

赤ちゃんの夜泣きに関するお話から大人の不眠まで、、、。私もついついスマホ片手に寝落ち、、ということがよくあり、目がシパシパしたり目覚めがはっきりしなかったり、、自覚もあるのですが、質の良い眠りは本当に大切なのだと学びました。

また、日本やアジア圏の「添い寝文化」がお母さんが「夜泣きに気づきやすく」なる要因というのもうなづけました。うちの息子が赤ちゃんのときは、、夜中に一瞬泣いてても、、無視、、というと言葉は悪いですが、やりすごしていました。仮に夜泣きを無視しても昼間の関係を密にすれば心理学的にも親子関係には問題ないとのことでした!よかった!

 

子供は大人に比べて光りを感じやすいのだそうです。早速昨日は、7時頃からリビングの電気をいつもより暗めにして過ごしたところ、、4歳息子、なんと最近の寝る時間よりも30分ほど早く寝ました!

寝る前はなるべく暗めのところで落ち着く。

ジャズルスのアプリは寝る前に遊んじゃだめですよ〜!

 

 

ジャズルス全曲一挙紹介♪

ジャズルスの26曲を一気に紹介します!

ジャズルスの歌はアプリトップページの赤い「ANIMATION(アニメーション)から聞けます!

ジャズルスで「構文」、「サイトワード」、「応用フォニックス」を楽しく歌って覚えましょう!

A; Angry Alligator

いじわるなワニをアリの軍隊がやっつける!アフリカからアメリカまで飛ばされちゃったー!というお話。aやanの使い方も学べます。

B; Blue Bus Blues

青いバスに忘れ物しちゃって、、ブルー。。blue, bringなどのbl-, br-などの「ブレンドフォニックス」を意識的にトレーニングできます。「Aが起こった」so「Bをした」など、接続詞soを感覚的に学べます。

C; Clever Kid

1番は[I can’t]なこと、たくさんある[But]でもボクみたいに賢い子はできることいっぱいあるよ!

2番は[I can]なことたくさんある[‘Cause (because)]僕みたいに賢い子はできることがいっぱいあるから。

対比により、接続詞の使い方や意味を学べます。

D; Don’t Dig Dog

重要サイトワードのひとつ[Don’t (=Do not)]のスペル、読み方、使い方を学びます。digとdogは基本的な3-letter-wordの読み方を学べます。

E; Extraordinary Egg

“How extraordinary”

私も苦手だった比較構文!An Egg as big as xxx 「xxxと同じくらいの大きさの卵」が歌って覚えられます!

とてもよく使われる表現[It would be…][It would take…]も出てきますよ!

F; Fat Fish

fの口の形をたくさんトレーニングできます。

We went xxxx with a friend. 日記に使える表現「私たちは友達とxxxxに行きました。」

ここでもブレンドフォニックス[fry, fly]などの音の違いと口の動かし方をトレーニングできます!

G; Gobbling Goats

“Gobble anything at all but grass.”この構文もとてもむずかしく、理解するのを諦めたくなりますが、アニメーションのおかげで「なんでも食べるけど牧草だけは食べられないヤギ」ということを歌とセットで理解することができます!

H; Helping Hand

“It’s hard to do xxxxx.  But it’s not hard to say hello…, it’s not hard to do”

「xxxxをすることはむずかしい。だけど、ハローと言ったりすることは難しいことではないよ」というセンテンスを覚えられます!曲調も文脈にマッチしていて本当に名曲です!

I; Interesting Insect

「もし〇〇できたら」”If I could interview an Indian….” [If I could do…]の構文ではじまります。

「これが私が〇〇したいことです」”This is what I would do”の構文も。

「イタリア行ったことある?」”Have you been to Italy?”

J; Jiggle

1歳から理解できるわかりやすい曲です!Jump! , Jog! , Jiggle!

K; Kind Kid

「コアラとカンガルーには優しくしましょうね」”Be kind to Koalas and Kangaroos”

L; Lots of Love

ネイティブの子供達でもLの滑舌は苦労することもあるそうで、この曲はそんな滑舌問題を解決してくれる曲です。

「家族が大好き。私が私でいることも大好き」というとてもすてきな歌です。

M; My Melon

Mの音と口の形はとっても簡単!だけどとっても重要!唇をぴったりくっつけて「mmmm」と発音してみてくださいね。

また、”my”これもとても重要なサイトワードです。mineも一緒に覚えよう!

N; No! No!

Noと一緒にNever が出てくると「ほんっっとうに嫌なこと」を表現できます。

O; Orange Octopus

おじいさんのタコが出てきて、、逃げ切ったー!

「ばいばーい!こっちだよー!」I’m out’a here! (I’m out of here!)

P; Party! Party!

パーティーソング!ホームパーティのときにみんなで歌おう!

Q; Quack! Quack!

「クワックワッ」とうるさいアヒルに悩まされる女王様Queenのお話です。子供達はすぐにアヒルのマネを始め、、なかなかやめてくれません!笑

R; Rowing

Rは「ラリルレロ」を発する前に口をすぼめて「う」の口を作りましょう!舌が口内のどこにも触らないように意識してみるとすぐにできます。

S; Sneaky Snake

ずる賢いヘビのお話。Sの音でヘビの動きを表現しています。slippery, slyなど[sl-]のブレンドフォニックスもトレーニングできます。

T; Terrifying Tiger

この曲もこどもたちはすぐマネできてなぜか大盛り上がりします。

I’m terrified of tigers.

Tigers terrify me.

同じ状況を主語を入れ替えて表現されており、能動態と受動態を感覚的に学べます。

U; Up! Up!

雨の日にぜひ歌ってほしい1曲です!雨の日が好きになる、そんな曲です。

V; Volatile Volcanos

ハワイアンのリズムで。ハワイの火山がテーマの曲!地理の学習もできます。

「〇〇しなきゃよかったーって思うはず」”You’ll wish you never visited a volcano ”

W; Why? Why?

「なんで〇〇は××するの?」

重要サイトワードはdoesです!読み方や使い方を迷いがちですが、歌ってすっと覚えられます!

X; Exit Like Mr. Rex

恐竜好きなこどもたちは「絶滅」という言葉もセットで覚えちゃいますよね!

Y; Yes! Yes! Yes!

“Yes, I do” と” Yes, they do”をアニメで理解できます!

Z; Zooming Zebra

動物園のシマウマはなんで泣いていた??!ズームしてみてみよう!

必然と、、、読む力!

ABI-STA自由が丘での学童レッスンでした。

夏休み中は復習も兼ねてa,m,t,s,iの単語やフレーズを絵に描いて発表したり、カルタしたり、お手製フラッシュカードとしてみんなで復習しています。

みんなで絵描きためているジャズルスカード、だんだん色合いだけでなんの絵かわかってきた子どもたち、、😁😁😁トマトをりんご!と答えてしまったり😂😂、あっさり引っかかりました😁😁😁🤣🤣

そこで初めて文字に目がいくわけです😙😉

つたないかわいらしい絵心がみんなの読む力を育ててくれています😉

余談です。リサとガスパール英語版

私はリサとガスパールのファンです。主に英語版11冊、日本語1冊「リサのいもうと」、フランス語1冊「Lisa prend le train」持っています。メルカリやブックオフ(主に自由が丘店。洋書絵本豊富です。)で見つけたら必ず買っています。コツコツ。我が家の4歳の読み聞かせと添い寝はパパが選ばれるので私はほとんどしないのですが、夫が泊まりの出張のときは私も読み聞かせをします、Gaspard and Lisaを一気に11冊。。。

先日息子と品川駅のホームを歩いていたら、、

「あ!ママ!Lisa!!!」

と指差した先には、、、

あらま!

Yeah!! That’s Lisa! って!ちがーーーう笑笑!!

息子と作った今年の夏の思い出。

富士急のリサとガスパールタウンに行きました。英語版の絵本置いて欲しいです!!

「どもり」と「レターサウンド」フォニックス

今日も暑いですね。ジャズルスの小向です。

朝からジャズルス事業仲間を増やすべく営業電話をしております!

ジャズルスとの事業提携ご興味ありましたらぜひぜひご連絡くださいね!

 

ところで、昨日の記事にも書いて「はっ!」っとしたのですが、、、一般的な基本フォニックスって日本語でいうと「どもり」ですね!さっきも電話口で言葉が詰まると「う、う、うゎ、わたくしどもが」と少しどもってしまった(苦笑)、と同時に、「こ、これは!日本語にない(正確には日本語のワ行とは唇の形が違う)、wのレターサウンド(letter sound)ではないか!!」とひとりで感激してしまいました。

小6で突然アメリカに住むことになったのですが、そのときのESLの先生から「娘が日本にいるのよ。日本語と英語ではwのサウンドの仕方が違うのよね。」と言われたのをはっきり覚えています。日本語はどの音も全般的に口元を大きくうごかすことはないのですが、英語は口元、唇、舌先の位置、有声・無声で物理的に変化をつけて音を作っています。

また、fとvの口の形も日本語にはありません。「昭和ヒト桁世代は「ファン」が言えない。「フアン」になる」とたしかちびまる子ちゃんで読んだことがありましたが、これも物理的にすぐ解決できます!fとvを見たら「上の前歯と下唇の間から息を出す」これでOK!

 

日本で習う「子音」と英語の「子音」はそもそも概念が違ったのですね!

 

こちらの大人のフォニックス動画、わかりやすいのでおすすめです。