クリスマスといえばホームアローン!

先週と今週の金曜ロードショーでは映画「ホームアローン」が放映されています。

言葉がわからなくてもアクションがおもしろいコメディなので、5歳息子と一緒に音声を英語に設定して見ました。

ホームアローンは英語で見ていても終始大爆笑でした!笑。

ちなみに息子が2、3歳の頃は英語設定のアニメを見せても嫌がらなかったのですが、幼稚園や普段の生活は日本語で過ごすので、4歳頃からは英語設定を嫌がっており、近頃はめっきり洋画やディズニーアニメも見ていませんでした。

余談ですが、筆者の父親は高校の英語教師をやっていたこともあり、私が子供の頃見せてもらっていたスターウォーズやサウンドオブミュージックなど、洋画は基本的にすべて英語設定で、幼かった私は字幕も理解できなかったので嫌だったなあ。。苦笑。その後父の仕事で12歳でアメリカに住むことになるのですが、英語での映画鑑賞で覚えたセリフなどで友達作りに役に立ちました!

私自身は息子にバレない程度で英語で話しかけるようにしているのですが、数字はなんとなく99までは理解しているみたいです。

先週のホームアローンで一番爆笑していたシーンは、古い映画の銃撃シーンを使ってピザ屋さんをおい帰すシーンで「10まで数えるうちに立ち去れ」”one, two,….ten!!!”というセリフでした。覚えられては困りますが、、苦笑。。

“Mom??”や”Buzz??”、”come and get me!” もメロディアスなセリフだったからなのか、その場でマネをしていました。仮面ライダーなどを見ていてもメロディアスなセリフをまず先に覚え出すようです。メロディアスなセリフとはたとえば鬼ごっこの時の「もーいーかーーいっ?」「まーだだよっ」などのメロディです。

ジャズルスもまさにそこに目をつけて作られた歌で、歌詞には実によく使われる日常表現はもちろん、高校3年生までに習う単語や文法も含まれています!

歌を覚えたら、ジャズルスアプリで並べ替えゲームもできるので復習も楽しくできますよ!

そんなこんなで、ホームアローン、子供の時大好きだったこの映画、いつか子供とも見たいなあと思っていたのがついに叶い、楽しい時間を共有できました。

今週のホームアローン2には若かった頃のトランプ大統領も!たしかにしっかり出ていましたね!ぜひ見てみてください。

Huaweiがなぜファーウェイ??[発音]

最近のニュースで中国のスマートフォンメーカーが話題です。

この会社名、日本のニュースキャスターの方々は「ファーウェイ」、コメンテーターの方々の中には”Huawei”と発音されている方も、、皆さんおのおの発音されています。

スペルはHから始まるのになんでFの音が「ファーウェイ」なんだ??と思われた方、私もそうなんですが、いらっしゃるのではないでしょうか?!

YouTubeやウィキペディアなどで調べてみたところ、Huawei のHPの日本語表記は「ファーウェイ」となっており、オフィシャルな表記というのはわかりました。日本語の「ハ行」はHの音とFの音が曖昧なこともあって「ファーウェイ」表記にしたのかもしれないですね。(ちなみにジャズルスも日本語表記として「ス」を選択していますが、英語ではいわゆるzの音になります!豆知識(‘-‘*))

Huawei….英語ではどういう響きになるのか、YouTube で”Huawei pronunciation English “で検索!

なんと!意外な発音でした!

一番面白かった発音参考動画はこちらです笑笑

Wah-Way

??W入ってないのにwの音なのかーーーい!!笑

チワワの発音が参考になります。グーグル検索をスクショしました↓

ちなみにWikipedia には”wow-way”ともありました。Huaが「中国」「豪華な」という意味、weiが「行動、アクション」を意味するのだそうです。そうなるとWow-wayって直訳みたいですね!

ウィキペディアからスクショさせていただきました。

、、、と、、いうことは、、、チワワは中国語の意味だと「ち」のあとに「豪華、豪華」となるんですね!たしかにかわいくて豪華で高級なワンちゃんのイメージです。

12 Days of Christmas

あっという間に12月ですね!しかも季節感のない気温。

ジャズルスの小向です!

昨日は私のもうひとつの仕事、ピアノバーでジャズの弾き語りをしたのですが、お客様から「クリスマス」と「子供英語」にぴったりな曲をリクエストいただきました。

12 Days of Christmas

という数え歌です。うっすらどこかで聞いたことはあったのですが、first, second, third,,,など「◯日目」「◯番目」などを覚える英語学習にもとてもいい歌です!

音楽的にもとてもおもしろい曲ですよ。4拍子の曲なのですが、変拍子といって、途中で3拍子が混ざります。「何日目」かをちゃんと聞いていないとまちがいやすいので、ゲーム性もあり、みんなでやるととても盛り上がりますね。早速学童レッスンでも今月うたっていこうと思いました。

BBC100人の女性

今朝の羽鳥慎一モーニングショーのショーアップでBBCが選ぶ100人の女性の話題がありました。

90歳のSetsuko Takamizawaさん、東京オリンピックのときに外国人と英語で話したい、と英語の勉強をはじめたのだそうです。

お孫さんがLINEで毎日英語クイズを出していらっしゃっていて、すばらしい!習慣にすることが一番身につきますし、お孫さんとのコミュニケーションが取れるところもいいですね。

BBCのサイトはこちら。Takamizawaさんは89番目に載っていらっしゃいます。

BBC 100 Women は世界中からさまざまな分野の女性が選ばれています。

私が興味をもったのは、96番のWest さん。元数学教師でGPS発明の元となる研究をされていたそうです。GPSなしでは私は生活できません!!

95番に載っているWazirさんは16歳でアフガニスタンからアメリカニューハンプシャーに渡米、難民として初めて州議会議員になったそうです。

92番のTaylor Thompsonさんは元スパイ!のちにエイズホスピスをヨーロッパで初めて創った方だそうです。

このBBCの記事で新しい表現を学びました。「インターネット拡散する」は「Go viral」というのですね!81番のバングラデシュのSarkarさんの記事にありました。


Lの歌 Lots of love

先週から学童レッスンではLの歌をやっています。

「天使にラブソングを」みたいにLalalaの発声練習!

好きな動物は?

ママが大好き

パパが大好き

家族が大好き

自分が自分でいることが好き

すごくステキな歌なので子供たちにはしっかり覚えてもらいます( ´ ▽ ` )ノ

歌の練習のあとはFinger Reading、指で歌詞を追いながら歌います。読む練習になります。

できた人からアプリゲームでLで始まる言葉を覚えよう!

世界のこどもたちとカード交換【イベント】

実践女子大学短期大学部の学生さんたちがファシリテーターをされているイベントのご紹介です。

世界のこどもたちとグリーティングカードの交換をするイベントです。

なぜグリーティングカード?時期的にはクリスマスカードや日本でいうならば年賀状の時期ですが、様々な文化や宗教の違いもあるからだそうです。

申込

小学生から参加できます!英語力は不問です。学生さんたちが手伝ってくれます。

img_0908img_090918-10-13-16-22-27-535_deco.jpg習った英語や表現をカードに込めて世界のこどもたちとシェアしてみましょう!