カテゴリー別アーカイブ: クラスリポート

日曜日午前と月曜日午後に行われるJazzlesクラスについて、
アドリアン先生が語ります!

LとRの話題です。

標準

http://www.sankeibiz.jp/smp/macro/news/170615/mca1706151742010-s1.htm

 

12歳で渡米した時は全然違いがわからなかったのですが、1年もしないうちに聞き分けも発音もできるようになりました。その当時はなんで自分ができるようになったのかはあまりよくわからなかったのですが、物理的に唇と舌の動きを意識するだけでできるようになるということです。

 

区別のない日本語に慣れているので、私自身が特に難しかったなあと感じたのは

bl-,br-:  black, blue, blonde, ….. や、blues とBruce  など日本語では同じ綴りになるものなど。

cl-, cr-: clue, cruel, ..

fl-, fr-,:  flute, fruitなど

gl-, gr-:glue(小6の時これが言えなかった!!懐かしいなあ。。),

pl-,pr-,:please  これは日本では結構preaseと発音されています。

 

など、日本語しか聞いたことないとLの音を発音するのは難しいと思います。なぜかというと日本語では

ブルー、ブラック、クルー、グルー、プリーズ

などLの前に「ウ音」が入ってしまうからです。

「ウ」の口から「ら行」を発音するとR音になってしまうので、コツはアルファベット一つずつを発音してみることです。

「b」「lue」

「p」「lease」

というように。この時「ブ」とか「プ」と発音しないように気をつけます。唇を閉じて息だけで破裂音を出します。Lは舌を上の歯と上顎につけた状態から発音してみてください。

 

 

英語は発音する前段階で、舌や唇や口の開き方など、日本語よりも物理的な準備が必要ですし、息の吐く量も多いと感じます。

筋トレみたいに意識しながら練習すればどなたでもできます!

 

さあやってみよー!

 

 

 

About washing machine

標準

https://savvytokyo.com/kanji-cheat-sheet-washers-and-dryers/

最近ドラム式洗濯乾燥機を買いました!

縦型式にくらべて汚れ落ち悪いよ、と先輩主婦の方々から聞いたこともあったんですが、、我が家で購入した洗濯乾燥機はすごい!!タオルはフワフワ、白いシャツなんて光り輝いています。もっと早くに購入すればよかったとさえも思いました。

 

日本に住んでいる外国人は日本の洗濯機、乾燥機に戸惑いを感じているようです。しかも表記が漢字で難しい!とも。たしかに難しいですよね。

下の記事は、そんな外国人のための「洗濯機、乾燥器に関する漢字と意味のリスト」だそうです。漢字まで読める外国人の方はすごいなあと感心です。

今日のフォニックスはshです。

標準

ジャズルスブログ、すっかりご無沙汰しておりました。

新管理人のコムカイです。ジャズルスで楽しく英語を学んでいけるお手伝いを日々考えて発信しています!よろしくお願い致します。

 

今日の学童ジャズルスレッスンは「sh」です。
先週はSを、今週はshです。

sとshの音は、幼児期は舌足らずで物理的に難しいようですし、大人になっても混同しがちのようです。

もちろん日本人だけでなくて英語を母国語としている子供たちもsとshは難しくてママたちの発音を心配する話題に上っているようです。

2歳の子が、sheepをleepと言ってしまったり、「show me!」のことは「no me!」と言ってしまって、直したらいいのかと悩むお母さんのサイトがありました。
https://www.netmums.com/coffeehouse/children-parenting-190/toddlers-pre-schoolers-12-months-4-years-59/806179-my-two-year-old-cant-say-s-sh-should-i-get-help-all.html

あまり発音を注意しすぎると萎縮してしまうので、7歳まではあまり指摘しすぎないほうが良いとも書かれていました。

ちなみにうちの3歳の息子はほぼほぼshです。笑
「シュジキアシャハルくんでしゅ!」
「ジューシュ飲みたい」

しかもよくひっくり返ります。
「おとしょ(お外)でシュナアショビしたい!」

ちなみに「遊ぶ」の「アショブ」も進化系で、以前は「アシブ」でした。

この変な発音、とても可愛いのでいつまでもなくなって欲しくないですが、少しずつ消えています。。寂しいような頼もしいような。。笑。。

【Jazzles研修】

標準

今週の火曜日は、JAZZLES研修を行いました。
2017年4月以降、北海道札幌市ではJazzlesが大活躍!
Jazzlesのプログラムが3校で導入される予定であり、
それに向かって研修をしました。
以下、研修内容です!
研修内容:
■総合講習:Jazzles紹介、現在活動について、Jazzles&英語教育について
・なぜJazzlesを使って子ども達が楽しく英語を身につけるか
・英語教育に対するJazzlesの方針とは
・ビジネスを広げるためのJazzlesの効果的なところとは
■個別研修:Jazzlesのレッスンプラン、カリキュラム、教育特徴、実用例、コンテンツの紹介
・Jazzles教材の使い方によっての効果、使用方法&成果の紹介
・Jazzlesマテリアルのコツ、クラス運営での&アドバイス
・各学校にとっての一番有効的な使い方を一緒に考える
Jazzlesについて詳しく知りたい方のために以下の活動を無料で、現場行っております。
->Jazzles説明会
->Jazzlesデモンストレーションクラス
->Jazzlesプログラム: カリキュラム見積もり
ご興味のある方は遠慮なくメールをください!
info@jazzles.jp
===J===A===Z===Z===L===E===S===
新年度に向けて最高の英語プログラムを一緒に作りましょう!
===J===A===Z===Z===L===E===S===

【Jazzlesについて】 Jazzles(ジャズルス)コンテンツ紹介 【4/5】 (12月1日投稿)

標準

Jazzlesのアドリアンです!

今週は毎日Jazzlesのコンテンツについて紹介したいと思います。

今日はコアのコンテンツとなる「Talking Books: Reading」の実際の映像です。

Jazzlesクラスとしての、中心となるビジュアルコンテンツであり、

子供たちと一緒に楽しく英語で盛り上がるための必要不可欠なコンテンツです。

【Jazzlesオリジナル曲: Why? Why?

【Jazzles土曜教室】札幌で英語ビジネスの4名が土曜英語クラスを見学!(11/15投稿)

標準

先週の土曜日(11月12日)のJazzles英語教室に、

札幌からいらっしゃいました英語教育に携わっている4名が見学していただきました!

・ハイブリッド型個別指導の塾長&マネジャー

・英会話教室の校長

・教育研究所の代表

4名も大変盛り上がって、楽しい見学が出来ました!と言われました^^

今回の子供たちが「Bb Blue Bus Blues」の歌で盛り上がって、

パフォーミングアーツの「歌」「ダンス」「ジェスチャー」などで英語をエンジョイした♪

もゆる先生もいつものように大活躍でした!

ゲームも楽しく出来て、「This one, please!」などという、英語でコミュニケーションをとるための英語もよく言えました!

今回の年齢平均は3歳でした。

(Jazzlesは3歳から小6まで適したプログラムです)

Jazzlesの土曜午前英語教室について詳しく知りたい場合はここをクリックしてください!♫

Jazzlesの英語プログラムを貴校で導入するのをご検討の方はここをクリックしてください!♪

fotorcreated

【Jazzles学童】自由ヶ丘の近くにある「ABI-STA」で無事英検Jr.受験完了!(11/11)

標準

11月11日(金)は「学童保育ABI-STA」では「英検Jr.の合格を目指す日」でした。

ポッキーもちゃんと食べたそうですが・・!(笑)

BronzeSilverGoldを受けた子供たちがとても頑張りました!

特にGoldは長いテストのにも関わらず、集中高く最初から最後まで正解を探し尽くしました。

ABI-STAでは、「英語」を「国語」と「算数」を同じ「科目」として扱っていないため、

子供たちは英語に対して嫌悪感を持たず、とても楽しんでいます。

英検受験が終わりました、通常通りのJazzlesクラスをJazzles講師のヒース先生が行いました。

1114