クリスマスといえばホームアローン!

先週と今週の金曜ロードショーでは映画「ホームアローン」が放映されています。

言葉がわからなくてもアクションがおもしろいコメディなので、5歳息子と一緒に音声を英語に設定して見ました。

ホームアローンは英語で見ていても終始大爆笑でした!笑。

ちなみに息子が2、3歳の頃は英語設定のアニメを見せても嫌がらなかったのですが、幼稚園や普段の生活は日本語で過ごすので、4歳頃からは英語設定を嫌がっており、近頃はめっきり洋画やディズニーアニメも見ていませんでした。

余談ですが、筆者の父親は高校の英語教師をやっていたこともあり、私が子供の頃見せてもらっていたスターウォーズやサウンドオブミュージックなど、洋画は基本的にすべて英語設定で、幼かった私は字幕も理解できなかったので嫌だったなあ。。苦笑。その後父の仕事で12歳でアメリカに住むことになるのですが、英語での映画鑑賞で覚えたセリフなどで友達作りに役に立ちました!

私自身は息子にバレない程度で英語で話しかけるようにしているのですが、数字はなんとなく99までは理解しているみたいです。

先週のホームアローンで一番爆笑していたシーンは、古い映画の銃撃シーンを使ってピザ屋さんをおい帰すシーンで「10まで数えるうちに立ち去れ」”one, two,….ten!!!”というセリフでした。覚えられては困りますが、、苦笑。。

“Mom??”や”Buzz??”、”come and get me!” もメロディアスなセリフだったからなのか、その場でマネをしていました。仮面ライダーなどを見ていてもメロディアスなセリフをまず先に覚え出すようです。メロディアスなセリフとはたとえば鬼ごっこの時の「もーいーかーーいっ?」「まーだだよっ」などのメロディです。

ジャズルスもまさにそこに目をつけて作られた歌で、歌詞には実によく使われる日常表現はもちろん、高校3年生までに習う単語や文法も含まれています!

歌を覚えたら、ジャズルスアプリで並べ替えゲームもできるので復習も楽しくできますよ!

そんなこんなで、ホームアローン、子供の時大好きだったこの映画、いつか子供とも見たいなあと思っていたのがついに叶い、楽しい時間を共有できました。

今週のホームアローン2には若かった頃のトランプ大統領も!たしかにしっかり出ていましたね!ぜひ見てみてください。

世界のこどもたちとカード交換【イベント】

実践女子大学短期大学部の学生さんたちがファシリテーターをされているイベントのご紹介です。

世界のこどもたちとグリーティングカードの交換をするイベントです。

なぜグリーティングカード?時期的にはクリスマスカードや日本でいうならば年賀状の時期ですが、様々な文化や宗教の違いもあるからだそうです。

申込

小学生から参加できます!英語力は不問です。学生さんたちが手伝ってくれます。

img_0908img_090918-10-13-16-22-27-535_deco.jpg習った英語や表現をカードに込めて世界のこどもたちとシェアしてみましょう!

四角いウンチ…だけじゃないウォンバット!!

土曜日は実践女子大学の学園祭でジャズルスレッスンをさせていただきましたが、WhyWhyに出てくるウォンバットというオーストラリアやタスマニア地方の動物、みなさんはご存知ですか?

ちなみに大学生たちは知らない人もいました。私も4年前にジャズルスの歌WhyWhyを聞くまで知らなかったです。だけどいまの小学生たちはみんな知っている!

ベストセラー「ざんねんないきもの辞典」にウォンバットが「四角いウンチをする動物」として載っているのだそうです。

ウンチが四角いことは知っていた小学生たちもウォンバットの歩き方は歌のWhy do wombats wobble?で初めて知った!そうです。

そんなイベントの模様や日本のこどもはウォンバットを知っているんですよ、などの感想を、ジャズルスの生みの親のレスリー先生に電話で報告したところ、「じゃあ、これは知ってる?私も最近知ってびっくりしたのよ。」と教えてもらったことがあるんです。”Their pouch is backwards!”えええええーーーー!!!!

ウォンバットもコアラやカンガルーと同じ有袋類ですが、地面の穴掘りをするため、袋の内部が汚れないように逆さまに(下に向かって)袋が開いているとのことなのです!!えええーーーー!!!すごい!!

2月にシドニーに行った時、このウォバットをどうしても生で見たかったのでタロンガTaronga Zooに行きましたが、残念ながら幾ら待てども一匹もウォンバットは出てきてくれませんでした。夜行性なのでおそらく寝ていた模様です。ちなみにコアラも全員ダラーっと木の上で寝ていました。ピクリとも動かず。それはそれでかわいかったです。笑

私はそこまで動物に興味がある方ではないのに、ジャズルスの歌でウォンバットを知ってからウォンバットのことが気になって仕方がありません!笑。そう、レスリー先生のねらいはここにもあるんです!ジャズルスの歌には「どうしてだろう」「そうなんだ!」がたくさん詰まっています!
こちらのウォンバットの記事でさらにびっくりしたのが、ウォンバットは食べ物から水分をとるので数年間水を飲まなくても生きられるのだそうです!!それもすごーーーーーい!!

実践女子大学常磐祭ジャズルス体験レッスン

先程、実践女子大学常磐祭のジャズルス体験レッスンイベントが無事終了しました。実践女子大学短期大学部の三田教授と大塚教授にはお忙しい中大変お世話になりありがとうございました。

ジャズルス体験レッスンに来てくれた子供たち、「かんたんじゃん」とか「早すぎてわかんなーい」って言ってたかと思ったら、遅れてきた子たちにポイントやコツをちゃんと説明してくれていて、頼もしかったです!ありがとうございました!

ジャズルスのアニメはABCソングとWHY WHYをやりました。vとfの口の形、本当にちょっとしたことですが、やればカンタン!また、口の動きからスペルを予想もできます!

Why why why, I wonder why.

指差し読みでは「唄でずっとwhy why言ってるからカンタンにわかるー!」と言ってもらえて本当に嬉しい😃

レインボーライティングも書き方練習なのに、自分の作品は名前を書かなくてもわかるんですよね。色のチョイスも個々のムードや好みが出ていてステキでした。

それぞれが作ったレインボーライティングでスペルゲームもしましたよ!

atとit

どっちだろ!!?ピコ太郎さん式でsatとsitと作ったり、子供達も「あーはいはい、そういうことね」とこなせていました!

最後は

mastとmistも読めましたよ!

英語未経験の子達も臆することなく

“This one please”

“The top one”

どんどん正解してアメをガンガンゲット!笑たのしんでもらえてよかったです(≧∇≦)