【Jazzlesレビュー】 英語塾でのJazzlesお試し! (11月24日投稿)

以前有名な英語塾で英語講師のJ先生がJazzlesを試しましたのでその結果をシェアいたします!

の特徴は、 Group learning (グループ学習)でも、Individual learning (個別学習)でも最強です。それは、Flexibilityの高いマテリアルだからです。

対象性とは小1~3でレッスンは30分も続きました。

★ レッスンの流れ ★
J先生は、「Bb」文字のレッスンをしました。オリジナルソングのタイトルは「Blue Bus Blues」。

下記の教材を使いました。
・Animation → アニメーション (アニメ、歌、歌詞の字幕)

・Karaoke → カラオケバージョン (愛称: JazzleOke)

・Vocals → 音声のみ

・Talking books (Lyrics) おしゃべり本(歌詞)

・Printable activity sheet → 印刷用アクティビティシート

英語講師は自分でレッスンプランを作成することができます。
工夫してさまざまなオリジナルアイデアを手に入れ
Jazzlesを活かす幼児英語の先生は、つでもどこでも、
信用できる教材が使えることは安心させます。

★ Jazzlesに対して、どう思う?と聞いたら ★

J先生の意見
のアクティビティ(ゲームなど)は使いやすい(すぐ使える)そしてフィーチャーを使って多数のアクティビティができるので助かる
・生徒は最1~3としても、楽しくまじめに学習をすることができた
・子供たちはお願いされなくても30分のレッスン中、常に自ら正しい発音をするように粘った
の教材サイトは便利で慣れやすい
・alliteration(頭韻)が多いので、phoneme(音素)に有効
・とてもflexibility(柔軟性)の高い教材だと思った
・また使ってみたい

子供たちの意見
・フォニックスというのはは聞いたことも見たこともなかった
・正しい発音ができるようになってうれしかった
・知らなかった言葉を勉強することができたからうれしい
は楽しい

★アドリアン先生の意見

・日本では、ある程度の年齢にならないと、子どもたちはちゃんとした英語教育を受けない現実です。
は学童、英語教室、英語塾などを通っている子供たちにはおすすめですので、英語が必須かされる前の小1から英語を身につける必要があります!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中