アプリログイン障害 [復旧作業中] Jazzles App login error

いつもジャズルスをご利用いただきありがとうございます。

昨日よりアプリのログイン障害を確認し、現在復旧作業中です。

ご利用の皆様には大変ご迷惑おかけし申し訳ございません。

また、新たにトライアルお申し込みくださっている皆様、お待たせして申し訳ございません。

復旧次第こちらのサイトでお知らせいたします。

ジャズルス

Up! Up!クイズのヒント

ジャズルスのUの歌、Up! Up!。歌には入っているけど、Lyricsゲームには入っていない単語がひとつあります!なんという単語でしょうか??!

早速探し始めた学童の子供たち。来週までに見つけられた人にはご褒美が🎵

ヒントは、、、写真のページ内。

3文字!

わかるかなあ??

ちなみに文法的には、その単語が「有り無し」どちらも正しいのだそうです。レズリー先生に質問して回答いただきました。

今週からはCの歌、Clever Kidが始まりました。

can’t/can(なんとジャズルスは「できない」方から登場するんですよ!普通は「I can できる」からが多いですよね。

この1曲にはButやbecause、not A but B構文などcがつく単語以外にも重要な要素がぎゅーっと詰まった1曲です!

小学校でこそ基礎的な読み書きトレーニングを

2020年から英語は小学校の正式科目に追加されるわけですが、授業の進め方はぜひ、子供達が大人になったときに、仕事で、社会で生かされるものになってほしいものです。

 

ジャズルスが提案・実践するのはまさに使える英語の学び方です。

現在1〜4年生に向けて学童保育でジャズルスを使ったレッスンをしています。日本の小学校1年生ではひらがな、カタカナ、漢字を毎日学校と宿題で徹底的に練習します。英語ネイティブの小学生たちも同じように音と文字、意味を日々トレーニングして学んでいきます。

 

ジャズルスでできること:

・歌から「英語の音」に慣れる

・歌とアニメを同時に視聴することによってストーリーの意味を推測、理解できる

・ストーリーセンテンスをジェスチャーやパントマイムとともに体で表現することで、使い方を学べる

・アルファベットごとに学ぶことで、漢字の「偏、つくり、冠」を学ぶように綴りの構成を学ぶことができ、同時に日本語に存在しない音(舌や唇などの口もとの動かし方)と形をトレーニングできる。(th, bl-, fl- (blue, fly,), br-, fr- (brown, fry), -st, -ndなどのblended, combination phonics)

・実用英語で避けて通れないサイトワード(I, you, I’m, to, the, be, of, for, with, would, could, ……など)も歌と一緒に習得できる

・動詞の原形だけでなく、過去形、過去分詞形を歌のストーリーから使い方もいっしょに学べる

 

特に、上記太赤字で示した項目は、中学校以降ではゆっくりじっくり時間を割いて学ぶことは授業時間数的に不可能です。上記の口元トレーニングをじっくりやることによって、「聞き取って書く」というプロセスのトレーニングにもなります。小学生の時期に言葉遊びや暗号解読のようなゲーム性を取り入れて、発音と一緒に学べたら中学生以降の英語学習にも役に立ちます。

Happy Australia Day!

東京は毎日寒いですが、ジャズルスが生まれたオーストラリアは現在夏真っ盛りです。金曜日の新聞では「FRYDAY」という見出し(金曜日の綴りはFridayです。)!おもしろいけれど、、、とても暑そうです。

 

オーストラリアのマネジャーKevinさんからAustralia Dayを教えてもらいました。

毎年1月26日はオーストラリア国民の祝日Australia Dayなのだそうです。

今年は26日が土曜日だったので昨日28日が振替日だったそうです。

なんとこの祝日のためだけのサイトがありました。

 

About Australia Day

オーストラリアは歴史的にたくさんの変化があり現在は多様性を重んじる多民族国家です。国民の3/4が、Australia Dayは単なるday-off(休日)ではなく、重要な意味があると考え多様性を重視していることをお祝いします。また、国民の半分は州政府による祝日イベントに参加しているそうです!

オーストラリアをHomelandと考える全てのひとのための祝日で、さらには、毎年16000人もの人がこの日を選んでオーストラリア国民になっているそうです。

 

 

AIアシスタントでいつでも英会話

アマゾンのアレクサをはじめ、アップル製品を使っている人はSiri、グーグルアシスタントなど、、すごい時代になりましたね。みなさんはAIアシスタント使っていますか?

私は学童でジャズルスレッスンをするときにiPadを使用しているので、よく使っています。”Hey Siri, set a timer for three minutes!”と子供達に時間を指定して問題を解いてもらったりします。

先日お邪魔した友人宅にはアマゾンのアレクサがいました。(ありました?)

アレクサは英語も日本語も同時対応できるのですね!Siriもそうなってほしいなあ!!

 

AIアシスタントはネイティブスピーカーなので語学トレーニングにはもってこいですね!

 

Google アシスタントをお持ちの方はぜひ

“Hey Google, begin Operation Kevin”って言ってみてくださいっ!